インプラントの理解を深めよう

最近では、歯科の中でも審美歯科というものが注目されるようになってきています。
では、審美歯科とは一体何なんでしょうか。


普通の歯科と審美歯科にはどんな違いがあるのでしょうか。

今までの一般的な歯科医院では、虫歯になってしまった歯を治療し、痛くない状態や、食事をすることができる状態にする等、すでに悪化してしまった歯の状態を改善することに重きが置かれることが多かったのではないかと思います。実際、私もそのように考えていましたし、歯科医院にはそのような時、すなわち虫歯になって歯が痛むときなどに行くようにしてきました。

しかし、審美歯科では、歯が虫歯になったり、痛くなったり前に、きちんと対策をして、きれいな歯のまま生活できるようにしようと考えられています。その為、審美歯科に通う患者さんは、必ずしも虫歯のために審美歯科に通うわけではありません。


特に歯が痛い等の症状がなくても、前回診てもらってから期間が経ったから、メンテナンスのために通うのでもいいのです。歯垢や、歯についた汚れを取ることをクリーニングというのですが、審美歯科ではクリーニングも代表的な治療となっています。
また、ホワイトニングのイメージから、審美歯科は保険が適応されないと考える人が多いのではないかと思いますが、クリーニングの場合は保険が適応されますので、定期的に審美歯科に通ってクリーニングをしてもらっても、そんなにお金がかからないので、心配する必要はありません。

ホワイトニングの場合は保険の対象外になりますが、それでもホワイトニングをすることで白い清潔な感じのする歯を手に入れることができますから、お金を払うだけのメリットは十分にあるのではと思います。


審美歯科は、この他にも、歯の隙間が開いていてが気になる時や、歯茎のトラブルの時にも利用することができますよ。

大阪 インプラントに関する口コミ情報を募集しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!