Google Mapのライセンスの条件

ホームページやブログを閲覧する人に対し、目的地以外の情報を与えられる素晴らしいGoogleMapですが、商用目的の場合、ライセンス購入が必要になる場合があります。

具体的には設置されているGoogleMapへのアクセス数が29000回をこえ、かつそれが90日を超えた場合です。

例えばGoogleMapに特別なAPI、特定のポイントにマーカーを設置したり、自動で距離が計測できるツールを組み込んでいた場合、アクセス数によって月々のライセンス料が変わってくるというわけです。

GoogleMapのライセンス情報の豊富さで有名なサイトです。

詳しい料金についてはGoogleMapのサポートページを閲覧するのが一番ですが、商用目的で利用する場合は注意が必要になること間違いありません。
何も知らないままGoogleMapを使い続けた場合、使用できなくなることも考えられるので、もし通知があった場合は素直にライセンス購入に踏み切りましょう。便利に使える地図ではありますが、こういったことも考えられるので事前の調査が必要になります。



なお、商用目的ではない個人で運営をしているブログやホームページに設置されている地図については、あまり心配する必要はありません。
なぜなら1日のアクセス数が商用目的と違い圧倒的に少ないからです。余程のことがない限り29000回を超えることは考えにくく、また90日を超える可能性も低いです。

目的にあった使用が一番なので、まずは調べてみては如何でしょうか。