GoogleMapのライセンスを取得するには?

一般的には、無料で使えるイメージのあるGoogleMapですが、実際には有料となるケースがあります。

魅力的なGoogleMapのライセンスを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

私達がGoogleにアクセスしてMapを見ることは無料ですが、一方でホームページなどにGoogleMapを埋め込んでいる場合には表示回数に応じて、料金が発生します。

ただし、実際のところは手続きなしで埋め込み使用することが可能であり、多くの人は有料であるという認識はほとんどありません。



この理由としては有料となる基準が高いためです。有料になる基準は1日あたり25、000回の読み込みが行われた場合です。この条件を超えるには相当数のアクセスが必要ですから、ほとんどの埋め込みでは達成されるものではありません。
しかし、この条件を満たしてライセンスを取得していないとGoogleMapが表示されなくなるため、イベントなどでアクセス数の増加が見込まれる場合にはライセンスを取得しておくことが大切です。



ライセンスの取得そのものは簡単で、GoogleMapsPlatformと呼ばれるサービスに登録するだけです。


登録は個人でも法人でも行えますが、このさいにクレジットカードが必要になります。またすぐに料金が発生するわけではなく、有料となる条件を満たした場合にのみ必要です。
特にライセンスを取得しても毎月200ドル分のチケットを受けとることができるので、料金の支払いはこの200ドルの使用量を超えた場合に限られます。