Google Mapで気にしておくべきライセンス

地図コンテンツは企業が顧客に対して、実店舗までの道順を示す手段として広く浸透しています。

GoogleMapのライセンスに関する情報収集をサポートします。

GoogleMapを活用する事で高度な機能を持ったコンテンツを用意する事ができ、多くの企業が必要とする機能を実現させる事が出来ます。
このGoogleMapのシステムは非常に強力であり、世界中の地図データを表示させる事ができ、ストリートビューによる周辺情報を得る事が可能です。



GoogleMapをAPIレベルから使う際には、新しいライセンスが適用されますので、どの範囲で使えるのか、料金体系がどのように変更されたのかを確認しておく必要があります。


正しくライセンスに合わせて利用していれば、商用利用でも問題無く使う事が出来るでしょう。企業がGoogleMapのAPIを使って出来る事は、JavaScriptからAPIを呼び出して、独自のアイデアを盛り込んだ地図コンテンツの作成でしょう。



デフォルトのGoogleMapのデザインや機能とは違った機能を盛り込む事が出来ますので、企業サイトのデザインと統一させる事が可能です。
ライセンスは、無料で使える部分と従量課金になっている部分が一緒になっています。

その為、最初から有償で使う事を前提に導入している企業は、今まで通りにAPIを使う事が可能です。

APIを使う際にはライセンスが常に付き纏います。
その為、APIの利用にはライセンスの内容を理解してから使う姿勢が重要でしょう。