Google Mapのライセンスが必要になる

普段何気なく利用しているGoogleMapですが、実はMapへのアクセス数によって有料ライセンスが必要になることをご存知でしょうか。具体的には1日のアクセス数が25000回を超え、それが90日続くことでGoogleより有料ライセンスの購入が勧められます。

このライセンスを購入しなくても、しばらくの間はMapを使うことができますが、徐々にAPIを使えなくなって行きます。

つまり、GoogleMap上で特定の図形を描写したり、特定のポイントにマーカーを設置したりできなくなるということです。

GoogleMapのライセンスの情報が豊富です。

もし、ライセンスの購入が難しいようであれば、GoogleMapの利用を考える必要があります。


APIを使わないように工夫をする必要があり、例えば画像に変更したり地図自体を無くしたり、そういったことが必要です。ライセンスの購入費用ですが、Googleのサポートページに記載されています。
そこまで高い費用ではないため、そこまで負担になることはほとんどないでしょう。

その他、関係のある情報もサポートページに記載があるので、地図を活用する人であれば一読しておくことをおすすめします。


普段何気なく利用できる便利なツールではありますが、使い方によって別途費用が必要になる場合があるのです。



普段からブログやホームページを運営している個人あるいは、企業でホームページやブログ等を運営していて、地図を使っているのであれば気をつけておく必要があります。